合宿免許の会場を選ぶ中で大事にしたいのが宿泊先選びです。教習以外の時間は、宿泊する施設でほとんどを過ごします。合宿免許が行われる場所は郊外であるために、教習後に遊びに出かける場所もほとんどありません。そしてあまり出歩いてしまうと疲れてしまって翌日以降の教習に支障が出てしまいますから避けたいものです。そうすると、教習が終わると宿泊施設で過ごすこととなります。

この宿泊施設が過ごしやすい環境でなければ1日の疲れも取れないですし居心地が悪く最悪の場合には教習を辞退してしまうことになります。参加者の様子というのは参加するまでわからない部分もありますが、施設環境は事前に知ることができます。一人で過ごす時間も欲しいと思う人は個室がある施設を選んだり、個室にテレビが完備されていたりWi-Fi環境が整っていたりということも重視すべきポイントです。また、施設が郊外であるとは言っても近くに商店街や散歩できる環境が整っていることもあります。

一人の時間に散策をしたりふらっと出かけられる場所が必要だという人は、このような出かけられる場所の有無やその際の移動手段の確認、施設によっては自転車の貸し出しがあることもあります。出かけたい場所と宿泊先の位置関係によっては移動手段と自転車については確認をしておくことが望ましいです。