Yearly Archives

3 Articles

口コミを活用

施設の様子や環境を事前に確認しておく方が、参加前に安心することができますしトラブル回避にも役立つことは誰もがわかることです。しかし、だからと言って宿泊先に先に見学に行くことは難しいものです。距離の問題もありますし、そのような時間が取れないことも多いためです。事前に宿泊施設やその周辺環境についても写真での確認をしておいても、写真は施設ができた当初のものが使われていたり、よく見えるように撮影がされていたりするために行ってみると全然違ったということもあるものです。

そこで役立つのが口コミです。
口コミというのは実際に参加した人が書くために、行ってみないとわからないような情報もたくさんあります。虫が多いとか、電波が悪いと言ったこともそうですし、食堂のご飯が美味しかった、といったことも情報として書かれています。

行く前にある程度口コミに目を通しておけば、参加してからの生活の様子がイメージしやすいです。ただ、口コミは個人の意見が書かれているものです。そのため、感じ方は人によって様々ですから投稿者と自分とでは考え方が違い、自分はそうは思えないということもあるものです。あまりにも鵜呑みにして過度な期待を抱くのは避けるべきです。

合宿免許の宿泊先

合宿免許の会場を選ぶ中で大事にしたいのが宿泊先選びです。教習以外の時間は、宿泊する施設でほとんどを過ごします。合宿免許が行われる場所は郊外であるために、教習後に遊びに出かける場所もほとんどありません。そしてあまり出歩いてしまうと疲れてしまって翌日以降の教習に支障が出てしまいますから避けたいものです。そうすると、教習が終わると宿泊施設で過ごすこととなります。

この宿泊施設が過ごしやすい環境でなければ1日の疲れも取れないですし居心地が悪く最悪の場合には教習を辞退してしまうことになります。参加者の様子というのは参加するまでわからない部分もありますが、施設環境は事前に知ることができます。一人で過ごす時間も欲しいと思う人は個室がある施設を選んだり、個室にテレビが完備されていたりWi-Fi環境が整っていたりということも重視すべきポイントです。また、施設が郊外であるとは言っても近くに商店街や散歩できる環境が整っていることもあります。

一人の時間に散策をしたりふらっと出かけられる場所が必要だという人は、このような出かけられる場所の有無やその際の移動手段の確認、施設によっては自転車の貸し出しがあることもあります。出かけたい場所と宿泊先の位置関係によっては移動手段と自転車については確認をしておくことが望ましいです。

合宿免許の不安

合宿免許は安いということで、多くの学生が参加することを検討するものです。大学生の期間であれば2週間ちょっとの期間を合宿に参加することにしても十分対応することができるものです。学校が休みの期間に行われますから、友人との旅行やアルバイトの都合さえ調整ができれば参加できることがほとんどです。

普通の通学型の免許取得となると、学校やアルバイトと並行して通うため思うように通えなかったり満足な試験勉強ができなかったりという難点もあります。それに対して合宿免許は短期間でなおかつ免許取得に集中できる環境が整っているために、費用の安さ以外にもメリットとなる点があるのです。
もちろん、それ以外にも合宿免許にはメリットがあり、合宿免許の会場は郊外に教習所があるために道路が広かったり車の通りが少なかったりすることで運転練習には整った環境ですし、苦手意識や不安を取り除きやすい環境でもあります。そして、たくさんの仲間がいるおかげでうまくいかないことがあったり覚えられないことがあったりして辛いと感じても、励まし合って乗り越えられたり頑張ろうと思えたりする環境でもあります。

日頃出向かないような地域からも参加者がいますし出会えないような職種や年齢の人たちとも出会うことができるので、免許取得以外にも得ることができることが多いのもメリットとしてあります。しかし、このようなメリットを最大限生かせる合宿にするためにはその環境がとても大切です。そこで、ここでは教習所の環境を知るための方法とその際に確認すべきことを紹介していきます。